大変遅くなりました

月曜日に書いたこちらの記事の続きになります。

体調不良のため更新が遅れました!
さて、お宝銘柄を発掘し、持ち続けてきた人が
報われてきた今の相場。
これからはどう立ち回れば良いか、の話でしたね。
結論から先に言うと、2通りの立ち回り方があると思います。
1つは、眠っているお宝(出遅れ銘柄)を今から探すこと。
もう1つは、動き出した銘柄に乗っかること。
前者は「まだ安いものを買って高く売るのを狙うこと」で、
後者は「高くなってきたものがもっと高くなるのを狙うこと」
と言いかえられます。
こうやって比較すると
『まだ安いものがあるのならそれを狙うほうが
良いに決まっているじゃないか』
と一発で結論を出されてしまいそうですが、
そう結論づけるのは早計です。
『お宝を発掘した人は既に報われはじめてきた相場』
において、まだ注目されてない銘柄は
正直なところお宝の可能性は高いとは限りません。
お宝だと思ったら実は石コロでした…
いや、石コロならまだいいとして、実は放射性物質でした!
(○○ピーダなんかの例もありますからね…)
なんてこともありえるので、そうなったら目もあてられません。
つまり、的確にお宝を見極める目が必要とされます。
かといって、『高くなってきたものがもっと高くなるのを狙う』
にも、リスクは存在します。
当たり前ですが、お宝を転売できる相手は有限です。
ここ、忘れている人が多いと思うので強調して書きますね。
あなたから株を買う人は、
もっと上がると思って買っているのです。
すなわち、『もっと上がる!』って思ってくれてる人が多数いる内に
うまく売り抜ける必要があります。タイミング勝負ですね。
当たり前ですが、ここをミスすると損をしてしまいます。
このタイミングを判断する主な手掛かりになるのがチャートや板、
そして全体の市況や他の投資家たちの心理状態だと思います。
言うなれば前者の投資法は自らの知識と情報で戦う『情報戦』
後者の投資法は市場心理を見極めて戦う『心理戦』
と言えるでしょう。
前者の投資法はコツコツと勉強したり、長い目で物事を見て
少々のことには動じない人に向いています。
いわば『釣り』ですね。
後者の投資法は短期間で成果を求め、直感の良い人。
また反射神経や勝負勘がある人に向いているでしょう。
こちらは『ハンティング』のようなものですね。
と、駆け足での解説になりましたが、以上になります。
どちらが優れている投資法とはいちがいに言えません。
また、『待つ』『見送る』という選択肢も当然存在します。
そして今回は触れませんでしたが、別に買いに拘らず
『空売りを積極的に狙う』のも当然立派な投資法です。
どういった戦略を取るにせよ、
今の相場とあなたの性格や得意分野を考慮し、
それに合った作戦を立てるのが成功への近道と思います。
<追記>
あとは、1つだけコツを言うとすれば…
どうしても戦略が絞れない時、迷ってしまう時は
『基本的に見送りの一手!』です。
あるいは、『小さなポジで打診してみて様子見』がベターでしょう。
これだけは騙されたと思って頭の隅に置いておいてくださいませ。
(体調不良のため、文章お見苦しい点あったかと思います…
 まあ、体調が万全でも大したことは書けないですが!笑)
 
  
 
ホント誰か、この無尽蔵に出る鼻水と咳を止めてください…(涙)
 
 
 
 

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する