コツコツだって万能じゃない

おはようございます。
今日は、相場そのものではなく、短期トレーダーの
スタイルについてのちょっとしたお話になります。
デイトレやスイングを主に行う短期トレーダーは、
次の2つのどちらかであることが多いです。
1つは、安定して少しずつ稼ぐコツコツ派のトレーダー。
無理なレバレッジはかけないし、損切りは素早く、
持ち越しもセーブしたりして大損を防ぎ堅実に稼ごうとします。
もう1つは、一気に爆発的に稼ぐ爆裂型のトレーダー。
お祭り株にバンバン乗って、レバレッジもどーんとかけて
一気に大きな額を稼ぐタイプです。良い相場に乗れば
すぐに資産が数倍になる反面、退場リスクも高いです。
どちらが必ずしも優れているというわけではないのですが…
一般的には、コツコツ派=ローリスクであり、
爆裂型=ハイリスクと考えられますし、実際そのとおりです。
ですが、これはあくまでも「運用資産」に対してのリスク。
費やす時間で考えると、爆裂型はむしろローリスク。
稼ぐにしろ破産するにしろ早いからです。
コツコツ少しずつ稼ぐ方法だと、退場リスクが低いかわりに
ある程度の資産に達するにはそれだけ長い時間を要します。
ある程度でも稼げれば良いのですが、
数年間あるいはそれ以上の期間コツコツ退場せずに続けても
生計を立てられるほどには稼げるようになれなかった…
兼業だと「ま、社会勉強になったし、いいか」で済みますが、
専業の場合、時間を費やしすぎるとその後の人生において
厳しいことになる可能性が大きく高まります。
爆裂型で短期間で退場してスッパリ足を洗ったほうが
結果的に良かったのでは…となるケースもゼロではない、
ということですね…
リスクを抑え、退場せずに長期間相場と向かい合って
経験を積んでいけるのは非常に素晴らしいことです。
経験を積むことはそれだけ上達に繋がりやすいからです。
ただし、専業としての人生設計を含めて考えるとなると、
コツコツは逆にハイリスクにもなり得る…
どうしてもこの点だけは注意喚起しておかなければと思い、
徒然と思いの丈を記させていただきました。
コツコツはお勧めである!

…だが、コツコツだって万能じゃない!!

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。