コツコツだって万能じゃない

おはようございます。
今日は、相場そのものではなく、短期トレーダーの
スタイルについてのちょっとしたお話になります。
デイトレやスイングを主に行う短期トレーダーは、
次の2つのどちらかであることが多いです。
1つは、安定して少しずつ稼ぐコツコツ派のトレーダー。
無理なレバレッジはかけないし、損切りは素早く、
持ち越しもセーブしたりして大損を防ぎ堅実に稼ごうとします。
もう1つは、一気に爆発的に稼ぐ爆裂型のトレーダー。
お祭り株にバンバン乗って、レバレッジもどーんとかけて
一気に大きな額を稼ぐタイプです。良い相場に乗れば
すぐに資産が数倍になる反面、退場リスクも高いです。
どちらが必ずしも優れているというわけではないのですが…
一般的には、コツコツ派=ローリスクであり、
爆裂型=ハイリスクと考えられますし、実際そのとおりです。
ですが、これはあくまでも「運用資産」に対してのリスク。
費やす時間で考えると、爆裂型はむしろローリスク。
稼ぐにしろ破産するにしろ早いからです。
コツコツ少しずつ稼ぐ方法だと、退場リスクが低いかわりに
ある程度の資産に達するにはそれだけ長い時間を要します。
ある程度でも稼げれば良いのですが、
数年間あるいはそれ以上の期間コツコツ退場せずに続けても
生計を立てられるほどには稼げるようになれなかった…
兼業だと「ま、社会勉強になったし、いいか」で済みますが、
専業の場合、時間を費やしすぎるとその後の人生において
厳しいことになる可能性が大きく高まります。
爆裂型で短期間で退場してスッパリ足を洗ったほうが
結果的に良かったのでは…となるケースもゼロではない、
ということですね…
リスクを抑え、退場せずに長期間相場と向かい合って
経験を積んでいけるのは非常に素晴らしいことです。
経験を積むことはそれだけ上達に繋がりやすいからです。
ただし、専業としての人生設計を含めて考えるとなると、
コツコツは逆にハイリスクにもなり得る…
どうしてもこの点だけは注意喚起しておかなければと思い、
徒然と思いの丈を記させていただきました。
コツコツはお勧めである!

…だが、コツコツだって万能じゃない!!
slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する