あけましておめでとうございます!

2014年大納会は場中もイブニングも急落の荒れ相場で終わりました。

そして新年明けて少しは落ち着くかと思いきや、

日本市場が開く前から為替もシカゴ日経先物も上へ下へと大荒れ…

 

なんだか『2015年・荒れ相場』を予感させる年末年始の動きですが、

荒れれば荒れるほど相場は面白いので望むところです。

 

というわけで、今年もよろしく宜しくお願いします!

 

 

さて、新年一発目ということで、少しはマジメな事を。

 

『株の初心者がまず何かひとつ心がけるとしたら、

 どんな事に気をつけたら良いのだろうか?』

 

これについてお話していきたいな、と思います。

 

 

そりゃもー株なんてアレですよ

 

長期投資なら増資粉飾、はてはリーマンショックみたいな暴落がありえますし、

短期ならそれこそBNFさんやcisさんのような化け物たちが

マワシばんばん叩いて待ってる土俵に上がって戦うってことですから、

何かひとつ気をつけなきゃいけないどーこーどころの騒ぎではないわけですが、

 

【自分が間違いを犯す可能性があることをまず自覚する】

 

これが最も重要だと考えています。

 

 

初心者だけではなく熟練者でもままあることですが、とにかく人間ってモンは

「自分の間違いをそうそう認められない」ように出来ています。

 

まずはここをどうにか思考矯正して、

「間違いなんて日常的に犯すモンだ。間違ったら素早く対処すりゃーいい!」

って割り切るのがホント大事です。

(単純に損切りを早く行え…というのとはチョット違う。似てるけど違う)

 

これが出来てりゃー去年の収支2000万ぐらいは違ったよなーって

私自身相場暦10年目になって後悔してるくらいにめちゃめちゃ大事です。

 

 

間違いを早く認めすぎると損切り貧乏になったり、ひどい例になると

ドテンして往復ビンタを3回ぐらい喰らっちゃうケース、そりゃありますよ。

 

ただ、今まで見てきた感じだと、損切り貧乏で苦しんでる人よりも、

意固地になって間違いを認めず引くに引けない勝負をする癖がついちゃってる人のほうが

100倍ぐらい辛そうにしてますし、退場してる人も圧倒的に後者が多いです。

 

【引くに引けない勝負なんて、した時点で大体負け】

って思っといてイイです。これホントに。

 

ドテンで往復ビンタを食らい続けるのは、一見見切りが早すぎる故の損切り貧乏に見えますが、

実際はこれも引くに引けない勝負の一種です。

ドテンにしろポジションの取り直しにしろ、2~3回やって全部ダメなら

もうその相場では「ポジションを取ることそのもの」が間違いなのです。

「ポジを持たなきゃいけない」という勝負からしばらく一歩引いちゃえばいいんです。

これはこれで辛いことなんですがしゃーないです。。。

 

 

中長期スパンで株をやっている人だと

「私は長期投資で割安株を拾って数年単位で待つ。ちょっと下がっても間違いじゃない」

こう考える方も多いです。

 

うん、これは考え方そのものはアリです。

デイトレ屋の私が言うのも何ですが、株の王道は本来長期投資です。

 

ただ、長期で株を持ち続けるってのはそれだけ理不尽な材料やら、相場全体の暴落の

リスクを抱えることでもあります。その時に苦しむようなら、やっぱりそれは「間違い」なんです。

 

例えば、リーマンショックみたいのが来て苦しんでいるのならば、それは

『資金投下の仕方が間違っていた』ということですよね?

(上記の例の人だったら大規模ショックの時こそ超割安株大量発生のバーゲンセールなので、

それがチャンスでなくてただ苦しいってことは、その時点でのキャッシュポジションが少なすぎる)

 

どんな時間軸でどんな狙い目をもって相場を張るにしろ、

「間違いを認めて、引く時は引く」というのは絶対に必要な事なのではないかな、と

私は確信しております。

 

 

 

というわけで、2015年は決意新たに

 

「間違いを認めて、引く時に引く年」

 

にしたいと自戒を込めて!そして素早さのギアを2段くらい上げて!頑張ります!!

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する