緩和相場から解散総選挙相場に…?

日経平均先物の上昇が止まりません。

 

今日の場中にも300円以上の上昇を見せた上、

イブニングでもさらに加速。18:30現在で17300円に迫る勢いで、

日経平均先物としては緩和発表後の高値を記録しています。

(CMEベースでの緩和後の高値は約17400)

 

 

今日の上昇の大きな特徴として

 

・ユニクロ等の日経平均寄与度の高い銘柄は大きく買われたが、

昨年の緩和時に大きく買われたアイフル・ケネディクスなどの

所謂「緩和銘柄」は先物に比べてとても弱かった

 

・プラップジャパン 、ムサシ、カドカワドワンゴ等の「選挙関連銘柄」で

大きく値を上げたものが散見された

 

以上のような特徴がありました。

 

 

過去、2005年・2009年・2012年に解散総選挙がありましたが、

この3回はいずれも、「解散」→「選挙」の間に

日経平均はおよそ10%前後上昇しており、

解散から選挙の間には株価が上がる、というのは

昨今のアノマリー化しているように感じます。

 

このあたりから考えると、今日の先物、個別の値動きを見る限りでは、

「解散・総選挙を織り込んで相場が動き始めた」

と言えるのではないでしょうか。

 

実際に政局がどうなるのか、そして明日以降の市場の動きがどうなるのかは

まだまだ判断しかねるところですが、

明日も日経先物の寄与度が高い銘柄、および選挙関連銘柄などに

引き続き注目してみたいと考えています。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する