緩和相場から解散総選挙相場に…?

日経平均先物の上昇が止まりません。

 

今日の場中にも300円以上の上昇を見せた上、

イブニングでもさらに加速。18:30現在で17300円に迫る勢いで、

日経平均先物としては緩和発表後の高値を記録しています。

(CMEベースでの緩和後の高値は約17400)

 

 

今日の上昇の大きな特徴として

 

・ユニクロ等の日経平均寄与度の高い銘柄は大きく買われたが、

昨年の緩和時に大きく買われたアイフル・ケネディクスなどの

所謂「緩和銘柄」は先物に比べてとても弱かった

 

・プラップジャパン 、ムサシ、カドカワドワンゴ等の「選挙関連銘柄」で

大きく値を上げたものが散見された

 

以上のような特徴がありました。

 

 

過去、2005年・2009年・2012年に解散総選挙がありましたが、

この3回はいずれも、「解散」→「選挙」の間に

日経平均はおよそ10%前後上昇しており、

解散から選挙の間には株価が上がる、というのは

昨今のアノマリー化しているように感じます。

 

このあたりから考えると、今日の先物、個別の値動きを見る限りでは、

「解散・総選挙を織り込んで相場が動き始めた」

と言えるのではないでしょうか。

 

実際に政局がどうなるのか、そして明日以降の市場の動きがどうなるのかは

まだまだ判断しかねるところですが、

明日も日経先物の寄与度が高い銘柄、および選挙関連銘柄などに

引き続き注目してみたいと考えています。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。