大手メディアにまたもモノ申す

おはようございます。

今日も朝からこんな記事を見つけて、複雑な心境に。

 

イナゴ投資家の爆発力、材料株に個人マネー殺到 (←リンク有り)

 

国内景気のもたつきが相場の上値を抑える東京株式市場だが、

ちょっとしたきっかけで急騰と急落を繰り広げる材料株の荒い値動きが目立ってきた。

一気に集中し、あっという間に離散する投資行動から「イナゴ」と呼ば…

(以上引用)

 

言いたいことはわかりますし、確かに材料株の急騰急落は

ここのところ多くなっているのは事実でしょう。

 

ただ、イナゴという表現は問題があるのではないでしょうか。

この表現はもともと蔑称だと考えていますし、投資家(投機家)自身が

自嘲気味に言うのならばまだしも、第三者のメディアが

こうした言葉を記事の見出しとして使うというのは

いかがなものかと思います。

 

個人的にハッキリ言わせていただくと

 

驕りがあり不愉快な表現である!

 

材料株に上手く乗りこなして利益を得ようとするのがイナゴの行動なら、

第三者をイナゴと嘲笑するような記事を書いて営利目的で発信するのは

例えるなら、ハイエナかハゲタカの行動ではないか?

と、微力ながら言い返しておきたいところです。

 

 

 

朝からあまりヒートアップしすぎるのもよくないので、一応相場雑感も。

まず、新規IPOの7172、ジャパンインベストメントアドバイザー。

こちら、公募価格2550円に対し、8:30時点で6500円以上の

かなり良い気配をつけております。

久しぶりに出てきた値動きの軽そうなIPOなので注目していきたいところです。

 

日経平均株価は15900あたりからはじまりそうで、

いよいよ16000が射程に入ってきました。

 

主力には総じて資金が入ってきそうな気配である反面、

ソディックなどの投機株、コロプラ・ガンホーなどのソシャゲ株そして

投機性のあるテーマ株全般には、資金の入りはイマイチといった様子です。

 

今日もがんばりましょう!!

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。