刻み値変更について、大手メディアに取材を受け…

刻み値変更の件で大手メディア(新聞)に取材を受け、

無事今日発刊されたものにその記事が載りました。

 

 

事前に頂いたメールにて、実際の取引や今後の展望等

詳細に取材するとあったので、そのあたりも頑張って下準備し、

その日の具体的な取引や、その時の考え方、

その後の相場に関する個人的な見解についても

惜しまず述べたつもりです。

 

 

『大半の銘柄に関しては、取引がしづらくなるだけで

まったく意味のある変更とは思えませんでした。

こんな事ではアクティブなトレーダーの多くは

刻み値を変更していない銘柄に流れるだけだろうし、

今回の変更を良いと考えるトレーダーは殆どいないだろう。

ここは是非強調して述べておきたいです』

 

感想そのものでは、

このぐらいの強い調子で否定的な意見も述べておきました。

 

 

が。。。実際に記事になった内容はというと

刻み値変更に概ね肯定的な記事の一角に、

 

「一方、板が見づらくなりやりにくくなったと、

都内在住のデイトレーダーはこぼす。

大型株から新興株にシフトすることになりそうだ」

 

と、まぁ概ねこれだけ…

 

悪く取れば、デイトレーダーが異端者にされていて、

ソイツが苦労しそうだぞ、ぐらいの内容に

見えなくもないなぁと感じました。

(当然ゲラチェックなどは一切ありません)

 

まあ、どうせこんなものだよなぁ…とは思っていたにしろ、

これはあまりにも酷い。

紙面スペースなどの問題もあるにしろ、

さすがに舐められている感じがして良い気分にはなりませんでした。

 

 

なお、当該メディアは、後姿ではありますが、

以前に撮影した私の写真を、その時の記事だけではなく

許可なく別の記事の素材としてweb上で使っておりました。

 

 

記者の方本人に特に非難を向けるつもりはありません。

ここでこういった発言をするあたり、

私が大人気無いのは十分に承知しております。

 

ですが、とある大手メディアの体質というものが

実際このようなものだということを

これを読んでいる方の頭の隅にでも置いていただくと共に、

取材を受けた側がこういった感情を抱いているのだということを

製作側にも今一度自覚して多少なりとも改めて頂ければ

私も本望です。

 

 

なお、大きなメディアでもこういった事がなく、

大変丁寧にこちらの意思を尊重してくださる媒体も

多数存在していることを、一筆付け加えておきます。

 

メディアの取材を最初に受けてから約5年が経ちますが、

それら多くは非常に素晴らしい経験や出会いとなりました。

ブログにて私がこのような発言をした事は今回が初めてです。

 

 

 

読んで頂きありがとうございました。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する