いよいよ2014年!

激動の2013年お疲れ様でした。

今年の日経平均株価は年間でなんと57%の上昇。
41年ぶりの上昇率を記録しました。
円は対ドルで34年ぶりの下落率であり、
率にすると18%もの下落となりました。
まさに「円安株高」の1年だったと言えます。
今年は投資で儲かった方も多かったのではないでしょうか。
デパ地下の混雑っぷりも去年と見違えますし、
タクシーもつかまりにくくなりました。
景気が良くなったのを肌で感じます。
詳しくは日経新聞の記事をご覧ください。
96958A9C93819591E1E2E2E0E38DE1E2E3E0E0E2E3E19F9FEAE2E2E2-DSXBZO6476977031122013I00002-PN1-5.jpg
さて、これだけ大盛り上がりを見せた2013年ですが、
上の図を見ると気になる点も…
賃金 +1%
日経は57%上がっているのですが、
賃金は1%しか上がっていない。
ここ、厳しいことですが現実なので
目を逸らさずにしっかり見るべきところです。
しかもですね、これ円ベースで+1%ってことは
ドルベースだと-17%なんですよ。。。
去年は時給10ドル貰っていたとすると、
今は時給8.3ドルしか貰えてない。
これだけ株価は上がって景気は上向いているのに…
こうして見ると、日本ではまだまだ少数派である
「積極的な投資を行う者」が
たいへん報われた1年であり、
それを行わなかった者は相対的に見ると
ワリを食っていると言わざるをえないぐらいの
1年になったと言えるかもしれません。
ただし、今年のような年ばかりでないことも
頭の隅に置く必要があります。
例えば、リーマンショックが起きた2008年は投資家や
経営者にとっては非常に厳しい1年になったでしょうが、
賃金を貰って働く身分であればリストラされない限り
収入が大幅に下がることはあまりありません。
今年ちょっと儲けたからといって
「よーし仕事なんてやめて株全力だ~!」
というのは大変ハイリスクな行動だということは
承知しておくべきでしょう。
というところで今年の締めくくりとさせて頂きます。
良いお年を!

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。