株はアドウェイズとエナリス

はい。アドウェイズとエナリス

個別で戦うならとりあえずこの2つ見ておけばいいでしょう。
こいつらがシケたら新興には近寄らず。
大局で戦うのならばアメリカ債務問題次第。
次の流れを追うのならば建設株の再着火を狙うか。
今日のところはこんな戦略でいいと思います。
で、今回の本題は株じゃなくて、これ。
(↑はてなブックマークへのリンクあり。長文です)
こういうパターンって数多くあるんじゃないだろうか。
私はこれを書いた人が結婚不適合者だとは思わない。
確かに彼女は一般的な人よりかなりドライなほうだし、
人と一緒に時間を過ごすことへのストレス耐性は低い方だろう。
だが、それが結婚不適合と言い切るのは間違いではないだろうか。
月1回のデートで十分だと満足し、
自分の1人の時間も他人の1人の時間も尊重する。
こんな感じの『似たタイプの人』と交際すれば何も困らないではないか。
あるいは、この人は自分の趣味が「ゲームとネット」であり、
彼氏に土日を潰されるとそれが出来なくなるのが辛いと書いてあるが、
それだったら
『一緒にゲームが出来る(あるいはゲームをしてても何も言わない)』、
『土日に一緒に家に居て別々の部屋でお互いがネットをしている』
そんな関係で満足する者同士がくっつけば、なぁんも問題無いよねぇ。
思うに、交際相手を選ぶ時にそのあたりをあまりにも軽視して
選ぶ人が多すぎるように思う。
ルックス、スタイル、優しさ、社交性、会話術、職業、学歴、経済力…
などのスペックは大抵の方が非常に重視して恋人を選ぶのに、
『付き合った際に距離感が一致するかどうか』というのは
あらかじめ考えないで付き合う人がホント多い多い。。。
「本当に好きな人に出会えれば大丈夫!上手くいく!」
と言う人もいる。
それはその人の考えだから否定する気はない。
ただ、私の場合は
自分と距離感が全く違って付き合うのが疲れてしまう相手と、
同じような距離感で気楽に付き合っていける相手。
長期間一緒に居て
『本当に好きな人だな』
という気持ちを育んでいけるのはどちらかと問われると、
後者である気楽に付き合える相手ではないか、と考える。
「好き」は出会いで決まるモンじゃない。

一緒に育んでいくモンなんだ。
  ——————————————————————–
というわけで、前置きが長くなりましたが、
距離感や恋愛に対するテンション、かけられる時間が
違いすぎる者同士が交際するとストレス半端無いんで
恋人選びの段階でそこよ~く吟味したほうがいいよ!!
と思うわけなのです。
ちなみに私はめちゃくちゃ寂しがり屋です。
いっぱい構ってくれないと耐えられません!(´Д⊂ヽ

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。