選挙前の急落

今日はひさびさに鋭いのが来ました。


寄り前に米デトロイト市の破産申請
(地方自治体としては世界最大)

円安なのに寄り天気味の奇妙な9時台の動き

ファーストリテイリングなどの寄りの高さの割に

元気のない他の個別銘柄

イブニングでも場中でも15000に寸止めで跳ね返され
(5/23も16000でイブニング・場中ともに弾かれている)


そして選挙前日…

ぶっちゃけて言うと、
株価の動きに理由を後からつけるのは
とても簡単なことです。

なので、基本的に後だしで偉そうなことを言うのは
と~っても簡単で誰にでも出来ます。
大抵の暴落時は、後から怪しかったんじゃないかって
こじつける理由はいくらでも思い当たるものですが
それを加味してもなお
今日は特に怪しさ要素満点でした(苦笑)
こんなふうに怪しさ要素満点のときは
もちろん普段より警戒していたほうが無難ですが、
何事もなかったように暴騰することもあるので
そこが株の難しくて憎たらしいところなのですが…
ともかくも、本日、日経先物は
こんなふうに動きました。(下図参照)

sakimono.png

寄りの後のチョイ上げが憎らしいですね~(笑)
下げの核心は10:20~10:30の10分間。
ここで約14850⇒14405と
450円ほども下げております。
平均して毎分45円も下がっていた計算で、
これはかなりの切れ味の急落です。
5/23を思い出した方も居たのではないでしょうか。
底を打った後は素直にリバウンド。
1発でサックリ下げてそれで終わったタイプの急落でした。
(このまま後場何も来なければ、ですが)
ちなみに寄りで上がっていた分、日経平均そのものは
前日比で僅か1.1%ほどしか落ちていません。(11:30現在)
ここから後場に注目です。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。