外為デリバティブ規制へ

外為デリバティブ規制へ=「賭博性」に歯止め-金融庁

(↑リンク有)
金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で
予想するデリバティブ(金融派生商品)の一種、
「バイナリーオプション」取引を規制する方針を固めた。
投資家を保護するため、数分単位で売買を繰り返すことを禁じ、
過度の「賭博性」を抑える。意見公募を経て2013年夏をめどに
金融商品取引法に関する内閣府令を改正する。
 外国為替証拠金取引(FX)業者の業界団体
「金融先物取引業協会」も取引限度額の設定や、
投資リスクを誤認させるような広告表現の使用禁止などの
自主規制を検討している。4月中に最終報告を取りまとめる予定だ。
(以上、記事全文)
これについてモノ申す!!
バイナリーオプションの規制理由、
過度の賭博性のある商品からの
「投資家の保護」
とされていますが、
公営ギャンブルやらパチンコは

過度の賭博性ないんか!?

それらで借金して犯罪に走ったり

あるいは自殺したりしている人も

沢山いるはずですが、

そういった人は保護しないんか!?
と、全力で突っ込まざるを得ません。。。
公営ギャンブルやパチンコに流れるお金が
FX業者に吸い取られたら都合が悪いのでしょうか。
それとも公営ギャンブルやパチンコを取り締まれないから
「ギャンブルから一般人を守りますよー!」と
世間にアピールする目的でバイナリ―オプションが
たまたま標的にされてしまったのでしょうか。
いずれにせよ、私が一言言いたいのは
どうせ取り締まるのだったら
「投資家の保護」
なんて偽善者ぶらずに
「お上に都合悪いギャンブルは潰す!」
と堂々と言って取り締まるくらいの
男気を見せてもらったほうが
まだマシってモンです。。。
言いたい放題の乱文でしたが付き合っていただき
ありがとうございましたm(_ _)m

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。