コンビニの優待買い物券について徒然と

イマイチ近くに店舗が無いため、取ったままで放置していた
ポプラ(7601)とスリーエフ(7544)(←どちらもコンビニエンスストア)
の優待券(買い物券)の期限をふと見てみたら…
なんと両方とも今年の10月31日まで!!
明後日までに使わないと紙切れになってしまう…?
というわけで、散歩も兼ねて大急ぎで消費してきました。
両方あわせて5500円分…(!)
コンビニで5500円分(実際は端数もあるのでそれ以上)の
買い物をするなんてことはなかなか無いので、
ちょこっとだけ新鮮な「大人買い」の気分でした。
(ずいぶんとわびしい大人買いですが…)
さて、今回の件で考えた事ですが、
・優待の期限は気をつけておかないといけない
・コンビニで5500円分の商品を買うと「重い!」
という現実と向き合った所までは前置きとして、
・優待で買い物券を提供するというのは、コンビニエンス
 ストアチェーンの戦略としてはどうなのか!?
はい、こちらが今回の本題であります。
ポプラ・スリーエフともに持っている株数に応じて
株主優待券として買い物券
(おおよそ何でも買える。ただしプリペイドカードなどは不可)
を貰うことが出来ます。
年間優待利回りでは、最も効率の良い取り方をした場合
現在の株価でポプラが4%弱、スリーエフが約1.5%です。
どちらもなかなか魅力的な数字と言えます。
ポプラは2011年末時点で685店舗。
分布は次のようになっております。
かなり偏っていますね。
中国地方を中心に展開していて、関東にも少し。
スリーエフの分布図はこちら。
こちらもかなり偏っており、
四国地方メインで関東にも出店しております。
店舗数もまったく同じ685店舗。(2011年末時点)
店舗数などの詳細は
こちらを参照しました。
(参考:セブンイレブン13685軒、ローソン10447軒。
 ポプラとスリーエフは9位タイとなります)
何故こんなに偏った出店をしているのか?
という事に関しては今回はさほど触れないでおきますが、
一言で言うと「流通面等でのメリットを最大限生かすため」
考えられます。
詳しくはドミナント戦略のwikiを見るとわかりやすいかと思います。
さて、これを見ていくうちに思ったことなのですが、
折角優待があっても、ポプラやスリーエフクラスのチェーンでは
近くに店が無い人が非常に多いのではないだろうか?
(一応、ポプラの優待は買い物券と引き換えに
珍味菓子詰め合わせとも交換可能で、
1度そちらと交換したこともあるのですが…
人を選びそうなラインアップでした。。。)
⇒ならば、その分を配当や内部留保に回した方が良いのでは!?
(株をより高値で買う人も増えるのでは?)
優待には「イメージアップ」の意味合いもあるので、
数字以上のリターンを企業にもたらす場合はありますが…
コンビニにはそれもあまりあてはまらないように思えます。
理由を述べますと、
一般的な人が利用するコンビニエンスストアを選ぶ時の基準は
1.近いこと、もしくは便利な立地であること(駅と家の間など)
2.好みの商品(プライベートブランドや食料品など)があること
  もしくは商品が充実しているか比較的安価であること
この2点に尽きると思います。
特に1の「近さ」は重要で、徒歩2分のコンビニと
徒歩10分のコンビニがあれば、余程の事が無い限り殆どの方が
徒歩2分のコンビニをメインで利用するのではないでしょうか。
つまり、多くの人にとって「微妙な遠さにあるコンビニの優待券」を
貰った所で、そこの常連にはなり得ない、と考えられます。
私のように券だけ使ってハイおしまい!となる気がします。
万一、近さ・商品において拮抗している場合ならば
「優待貰ったしあのコンビニ行くか~」といったように
イメージアップによる効果も期待できそうですが、
全国で700店舗クラスの規模のチェーンで、それに当てはまり
取り込める客は果たしてどれほどいるのでしょうか。
ぶっちゃけて言いますと、さほどいないでしょう。。
もしかしたら、どうせ見ている人も少ない株だろうから
「地元の人だけにでも買っておいてもらえばいい!」
といったように、幅広い人に株を買ってもらうことは最初から諦めて、
特定地域の人に株を買ってもらう「ある種のドミナント戦略」を
取っているのでしょうか。
確かに両銘柄とももともと流動性が低いので、少数の個人株主が
じっと持っているだけでもそれなりに浮動株数が抑えられ、
結果として株価維持に繋がりそうな気はしないでもないですが…
それにしても効率としてはどうなのだろうか…
うーむ、、、考えれば考えるほど、謎が深まります…

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。