「勝負しない」ことの重要さ

今日の日記はどちらかというと
「バリバリ専業で稼ぐぜ!」というよりは、
「兼業でプラスを目指したい」という方向きの内容です。
昨日、某兼業トレーダーさんと話をしていて。
その兼業トレーダーさんは本業をシッカリやっている方で、
株は比較的片手間、余裕資金でやって儲かったら小遣い!
ってスタイルでやっている感じの方なのですが。
彼の基本スタイルは目をつけていた銘柄が安くなったら買い、
高くなったら売る、それがほぼ全て。
利食い所はある程度上がって過熱感が出てきた時。
損切りはあまり行わず、余裕のある範囲でナンピンは行う。
ファンダは殆ど見ていないとのこと(PER?何それ?ってレベル)
弄るのは大型株ばかりで、成長株に乗っかるなどはしていない。
他に特筆するような得意技や発想などは特に無いらしい。
このスタイルで2007~2012年まで継続的に勝っているのです。
ハッキリ言ってしまうと、バリバリ勝っている人から見ると
「なんつ~適当なやり方なんだ!」って印象を受けるかと思います。
おそらくですが、同じようなスタイルでやっている方で
「2007年からボロボロなのに…」という方は多いのではないでしょうか。
実際、同じようなスタイルの人は割と負けているのです。
では、彼が何故勝てているのか?と考えてみることにしました。
(2007~2012年はまぐれで継続して勝てる相場とは思えない)
すると1つの答えというか、確信めいたものが浮かんできて。
おそらく彼は「INしすぎてない」のだと思います。
得意銘柄が本当に得意な形になった時にしか勝負せず、
その時も株式に割り振った余裕資金の数分の1を投入するだけ。
(余裕資金の)全力を投入している所をほぼ見たことが無い。
慣れない銘柄や苦手な銘柄(←これはきっちり把握している様子)には
ほとんど入らないか、かなり慎重なロットでしかINしないか。
あと、仕事が忙しい時は基本的にあまりポジを持っていない。
おそらく、こういった所が肝なんだなぁと思いました。
考えてみれば、負ける人に共通するポイントって、
「勝負しすぎる」んですよね。
例えば麻雀でも、下手な人は大抵「勝負しすぎて」負けてます。
オリ過ぎて負けている人は比較的少ないでしょう。
麻雀はオリてばかりだと「ツモられた時に損害がある」
「3人もいるから完全にオリるのは無理」というふうに、
オリてもマイナスを喰らうことがありますが、
株は「勝負しない」という選択肢を選んだところで、
基本的にマイナスはありません。せいぜい機会損失ぐらい。
つまりオリるコストがゼロなので、無駄な勝負をしない人が
余計有利になるシステムです。
無駄にあまり得意でない所で勝負をしていないから、
負けが溜まらず結果的に継続してプラスが出せる。

そういう事なのかもしれません。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。