JALのIPOについて(雑感)

今回はJALのIPOについて。
あちこちの証券会社から連日必死の営業電話攻勢です。

業績面で割安とか税金免除で美味しいとか

それなりに魅力的なフレーズを並べ立てて
あの手この手で買わせようとしてきますが…
ハッキリ言ってしまうと
値動きの強さを決めるのは100%需給であり、理屈では無い
要するに売りたい人よりも買いたい人(欲しい人)の勢いが
強くなければ株価というものはドンドン下がってしまう
買いたい人の勢いが売りたい人のそれより強くならない限り
株価は上がることはない
自分はまずこの考えが頭の根底にあります。
そして、今の日本市場にJALの6000億円を吸収する力は無い
(つまりJALという株を「強く欲しがる人」の数が、
JALの規模に対して圧倒的に足りてないのではなかろうか)
つまり、JALの需給は上場後暫く好転する事は無いだろう
と、考えております。 
(そもそも、欲しがる人が多ければ証券会社も
僕なんぞに怒涛の電話攻勢はかけてこないでしょう。笑)
よって、JALの上場後の値動きはFacebook型(公募価格を割らずに
寄るものの即座に公募価格を割れてしまいそのまま復活せず)、
もしくは最初から公募割れの可能性も十分あると考えています。
いずれにしろ、今回のJALに関しては公募を取るにしても
セカンダリを狙うにしても今の状態では魅力は感じていません。
日本市場全体がもっともっと活性化し、投資家の裾野が
今とは比べ者にならないほどに広がれば別ですが… 
以上、個人的な雑感でした。
(当たり前ですが当たるも八卦外れるも八卦と考えてくださいませ)
 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。