なんとか、値を保っている月曜日ですが…

おはようございます。
日経平均は先週から堅調に推移しており、
一見すると明るい流れに見えるように思います。
が、決算の悪かった銘柄は徹底的に売りこまれ、
日経寄与度の高い一部の銘柄で帳尻合わせをするような日も
決して少なくはなかった上、

そろそろモンスターIPO・JALの上場の存在が

重たくのしかかってくるのではないかと少し心配しております。
個人的にはJALのIPOには全く期待しておりません。
吸収額が巨大すぎるため、今の日本市場では受け止め切れない
だろうという危惧がある上に、そもそもJALという企業そのものに
まだまだ期待ができないというのが私の考えです。
(指標面から見ても割安とは言い辛いと思いますし…)
むしろ市場から資金を奪ってしまうだけの
害悪そのものでしかないと考えています。
JALの再上場、および企業体質に対して苦言を呈している人は
私の知る限りでも山ほどいます。
少し古い記事ですが、個人的にはこの記事にかなり共感しました。
(是非目を通してくださいませ!)
上のURLからの引用になりますが、
以下の文章がとても印象的で、そしてわかりやすかったです。
JALは、なるほど過去最高益を出しているのですが、
本当の意味での体質改善が出来ているかと言えば、
「高コスト体質はまだまだ改まっていない」という指摘もあります。

「普通ならある企業の倒産はより健全なライバル企業の
参入余地を生む働きがあるが、日本では逆のことが起こった。
JALは落第生でありつづけることで政府からご褒美を貰っている」


JALの再生には「お人好し」なユーザーや投資家の度重なる
犠牲に負う面が大きいと思います。その犠牲とは

【一回目】JALが倒産したとき、株主に大損をかけた
【二回目】国民の血税を注ぎ込んだ
【三回目】将来の利益に対する課税免除措置
      (→その分の税負担はいずれ国民にしわ寄せが来る)
【四回目】今回、IPOで再び国民からお金を調達する
このような例が蔓延るようでは、ますます投資家の日本株離れが
進んでいってしまうように思えてしまいます…

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。