昨日の日記にて

良い個別、悪い個別を見極める目を養うべきと言ったので、
それについてごく簡単に述べてみたいと思います。
とは言っても今回の話は難しい業績やら何やらは
全く出てきません。心理面からのアプローチです。
一言でまとめると、

みんながイイって言ってる銘柄ほど中期的には下。

中期的に上がるのはみんなが懐疑的な銘柄。
意外なようですが、このパターンが多いです。
ここで言う中期とは、多くの場合数ヶ月程度のスパンを指します。
どちらもオーバーシュート(行きすぎの状態)まで
行くことが多いため、利益を掴んだら握力が大事です。
逆に思い込みでロスカットを躊躇すると痛い目に遭います。
なお、あまりにも下がりすぎて皆が
「この会社は不安だがこの値は買いだろう」って
揃って飛びついてくる銘柄は、射幸心を煽るような急反発を
何度か挟みながら最終的には信じられないほど
下落してしまうケースがたいへん多いです。
こういった銘柄はリバウンドを上手く取れれば
1日2日で20%ぐらい取れる事があるので
一見美味しいのですが、その分ハイリスクです。
下がりすぎの警戒水準としては
『2~3年で株価が1/10、あるいはそれ以下になった銘柄』
でしょうか。そこまで下がった銘柄は、何かあると考えて
いくら安くてもハイリスクだと警戒したほうが良いかと思います。
(勿論、ハイリスクと理解した上で参加するのはアリです)
 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。