こういう日こそ…

昨日は大きく気持ち良くリバウンドしたかと思いきや、

アメリカ下落・円高等々で朝から大きく下げてしまい

結局行ってこいになってしまいましたが…
こういう寄りの安い日こそ、資金が何らかの株に入ってきたら
それは非常に目立つので、寄った後の動きを見ていると
今現在の相場の性質がわかりやすいかもしれません。
例えば、重たい大型株がぐいぐい買われて
寄り底になったとしたら、それ相応の資金が投入されており
ある程度底力のある相場と考えていいのだろうか…
好業績な小型株などが買われているとしたら、
それらの株は割安感が強く意識されてきていて、
少なくとも安値は拾われていると考えて良さそうだ…
仕手株や低位株、テーマ株などに
大きく資金が入ってきたとしたら、市場にはどちらかというと
腰の入った資金よりも投機資金の方が溢れていて、
相場が悪いなりにその投入場所が必要とされているのかな…
やや特殊なケースとして、
ユニクロ・ファナックなどの日経寄与度の特に高い銘柄が
突出しているならば、そこらへんを何らかの理由があって
買いたい人が存在している可能性があるのだろうか…?
その彼らはどうやって儲けを出そうとしているのだろうか?
などなど、様々なことを考えることが出来ます。
何も買われずあらゆる銘柄が寄りからダダ下がりするようなら、
非常に力が無く弱い相場と言えます。要注意です。
(この場合はこの場合で、下げきった所を狙う手もありますが)
いずれの場合も、日本時間に海外の市況や為替などが
大きく変動してその影響が大きく出ているだけの場合も
あるので、そこも考慮する必要があります。
(例えば、寄りから1時間で日本株は0.5%下がったが、
ダウ先物が日本時間の寄りから1時間で1.5%下げていて、
為替も円高傾向だったりした場合。
これは一見ダダ下げ相場ですが、海外市況や為替の影響を
考えるともっと大きく下げていてもおかしくありません。
決して弱い相場ではなく、むしろ比較的底力のある相場と
言えるでしょう。逆も然り。)
なお、株はアメリカ市場の動向為替は「ドル/円・ユーロ/円」
の影響が特に強く他はそれほどでもないので、
通常は上のものだけを参考にすれば十分かと思います。)
相場の傾向は一旦定まってしまえば数日間あるいはそれ以上
似たような傾向が続くことも多いので、
こういった方法である程度相場の傾向が判断できれば
それは十分に武器となり得ます。
ザラ場が見れない方だとやや苦労するかもしれませんが、
引け後にランキングを見たり、ピックアップした銘柄の動きを
分足チャートで振り返るだけでも効果はあるかと思います!
 

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する