続・SNSショック ~情報錯綜~

さてさて、昨日の夜、今日の昼と2回にわたって日記で

取り上げたコンプガチャ規制路線によるSNS関連銘柄の動き。
結局多くの銘柄がストップ安あるいは大幅安で引けました。
特に本命であるDena、GREEは一旦は寄りついたものの
その後大量の売り注文が殺到してのストップ安比例配分でした。
コンプガチャとは直接関係の無いゲーム関連株まで
大きく下落したところもあり、日経平均の大幅安とも相まって
市場の雰囲気は一段と悪化してしまいました。
(ちなみに、日経平均も今年最大の下げ幅を記録しております)
さて、引け後にも続々と情報が出てきており、
15:20には
と、規制路線との報道を否定するニュースが出たと思えば、
16:30にはブルームバーグより
と、まるで違うニュアンスの情報が交錯する始末。
いったいどっちを信じればいいんだ!
と思わず逆切れしてしまいそうな状況です。
(素人判断は危険ですが、個人的には後者のほうが
消費者庁表示対策課の課長に取材をしたとのことなので
信用に値する記事だと考えています。少なくともコンプガチャ
規制の方向で話が進んでいること自体は確実だと思いますが…)
株価は大暴落、情報は錯綜といったこの状況では
明日のSNS株は大荒れ確定、と思われますが…
一応の参考に、とPTS(夜間取引)の株価をチェックしてみると
Dena    1998 (本日引け値より +8)
GREE   1641 (本日引け値より -10)
(いずれも23:30現在)
と、意外なことに比較的落ち着いた動きとなっております。
大量の売り注文によってストップ安に張り付いたことを考えると
かなり堅調と言える動きでしょう。
サイバーエージェントなど、他に影響を受けた株も
夜間取引ではある程度値を戻しているものがあります。
とはいえ、本番は明日。
明日のSNS関連株は値動き、流動性ともに非常に大きくなりそう
なので、短期トレードには大変魅力的であり、同時に大変危険な
動きになるかと思います。
果たしてどういった値動きをするのか注目したいところです。
※なお、激しい値動きが苦手な方は、無理にSNS関連株で
一発当てようなんて思う必要はまったくありません。

特定の株が盛り上がってそこに短期トレーダーが集まると、
その反動で資金が抜けていく銘柄は必ず存在します。
そこを空売りで叩くのも良いでしょう。
あるいは最近の下落により相当下がった銘柄も数多くあります。
それらの安くなった銘柄にリバウンドの兆候を感じたら、
果敢に買い向かっていくのも頃合いとしては「アリ」かと思います。
無理に拘らず他の道を探るのも戦術のうちです。
 
 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。