エルピーダ、値幅制限撤回

ということで、今日ほぼ確実に寄るのでしょうが、

相当の安値で寄ることになりそうですね。
寄るまでにはしばし時間がありそうなので
その間、この記事にちょっとツッコミを。
(リンク先に飛びます)
はい。ツッコミ所はもうおわかりですね。
最後の1行。
「仮にエルピーダ株の急騰に合わせて売りを出していたとすると、
その後の急落や会社更正法申請を見切っていたかのような神業だ。
蛇の道は蛇というべきか。」
…えっと。それ本気で言ってるんですか?
見切っていたんじゃなくて、知っていたと書いてほしかったです。
…まあ、きっと記者さんもそう思っていたのでしょうが、
媒体ではさすがに書けなかったのでしょうね…(苦笑)
そもそもエルピーダ株のここ数週間の値動きで
非常に多かったパターンとして、
『提携の噂などが流れたと報じられる』→『朝に買いが入り急騰』
→『しかしその後は売りに押され結局寄り天』
このパターンが圧倒的に多かったと思われるのですよね。
おそらく、エルピーダが結局こういう結果になるということは
そのパターンが頻出していた頃から既に
「規定路線として決まっていたこと」ではないのでしょうか。
GSなんかはその時点で既に「知っていたのでは?」と考えられます。
そして頻発して流れていた提携などの噂。
そもそもこの噂の大半を流したのが大手ヘッジファンドなどの
息のかかった機関だとも睨んでいます。
そうする事で株価の一方的な下落を防ぐこともできつつ、
個人の期待買いに自らの売りをぶつけることも
できますからね。
株式市場には
『風説の流布』

『インサイダー』

という禁則事項があるはずなのですがね…
うん、これ以上は何も言えませんが…
理不尽と思うかもしれませんが、おそらくそれが現実です。
(100%…とは、あえて言い切りませんが)
我々がどう足掻いたところで、彼らと同じ土俵には立てません。
その不利を承知の上で、裏をかかれないように十二分に
注意してもなお足りないぐらいなのが相場です。
相場と向き合う際は…
どうか、自分を狙っている強大な狼がいるという事を
常に意識するように心がけて向き合ってくださいませ。
と、好き勝手書かせていただきました。
 
もしかしたら、この記事はちょっとヤバイぞって
エンジュクさんからストップがかかってしまうかもしれませんね(苦笑)
…最後に。GS等の儲けに比べれば些細なものですが、
ささやかな反撃はさせて頂きました。
naruhodo.jpg
そう簡単にはやられんぞ!(`・ω・´)
kurae.jpg
erupi3.png
 
 
 
 
 
 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。