短期的(今週の)展望

ここからの短期的な展望(主に今週の立ち回り戦略)を、
当たるも八卦、当たらぬも八卦で書いてみたいと思います。
(ホントによく外すんで、それを承知で見てくださいませ!)
さて、まずは金曜日のイブニングと、アメリカ市場の動向から。
日本市場のイブニング先物は夜中3:00時点で
9730円と、また一段とハイペースに値を上げています。
同日のアメリカ市場はダウが-0.01%、ナスダックが+0.23%と
そこまで強いとは言えませんでしたが、
CME日経先物(¥)は9700で引けています。
また、為替はドル円が81円前後、ユーロ円も大きく円安と
主要通貨に対する円売りが続いています。
これらを考えると、明日月曜日の寄りは日経9700円前後、
あるいはもう少し値を飛ばして9710~20円ぐらいまで
一気に上昇してスタートする可能性があると考えられます。
このあたりになってくると10000円も意識されてくる
ポイントですし、利益確定の売りも相当出てくるので
上値はさすがにある程度重くはなる感じはします。
ただ、周りを見まわしてみると、今のところはまだ
『上昇に浮かれている人よりも、乗れずに悔しがっている人が多い』
ように感じられるので、この「まだ乗れていない人達」の買い需要も
大きいと考えているので、決して弱気スタンスではありません。
むしろ個人的にはもう少しの間は強気を崩さず引っ張っても
良いのではないかなぁ…と考えております。
ここで、最近気になっている事を1つ挙げます。

特に比較的流動性の小かった株やREIT等を見ていて

明らかに思ったことですが、ここ数週間で大きく急激に
板の厚みが増してきて、流動性が改善されている銘柄が
あちこちで目立って出てきているように感じます。
これは明らかに良い傾向です。
思い返せば2007年頃から2009年頃に渡って、
主に新興銘柄や中小規模の銘柄群において
長いことこれと全く逆の現象が起こっていました。
その後(震災の影響はあったにしろ)、2011年まで
冴えない相場が続いた…という事実は軽視できません。
もしあなたの見ている銘柄の中で
「ああわかるわかる!確かに最近そんな感じの銘柄がある!」
と思い当たる銘柄がありましたら、タイミングを見て
中長期で仕込みはじめてみるのも面白いかもしれません。
この傾向が一時的なもので終わってしまえば
今後にさほど期待は持てませんが、この傾向が半年、1年と
じわじわと続いていけば…
そんなふうに期待してしまいます。
 
 
それでは、今週も頑張っていきましょう!! 
 
 
 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。