2/21(火) 37年ぶりの快挙

東証2部指数が26営業日連騰、


との事です。(↑リンクあり)
2部指数と言うとどうしても地味でインパクトに
欠ける印象はありますが、逆に考えれば着実に
裾野の方から市場が活性化してきている事だと
言えると思います。
これは中長期的に見て非常に明るい流れと
考えて良いのではないでしょうか。
そして奇遇にも、26営業日というと
丁度私がこのブログで相場雑感を書き始めた
1/17(火)から、ぴったり1度の下げもなく
連騰しているという事になります。
これはすごい偶然…!
“冴えない相場でも生き残れるヒントを書けるように”
との願いを込めて「サバイバル日記」と名付けたのですが、
開始した途端にいきなり絶好調の相場になるとは…
喜んで良いのか悲しんで良いのか複雑です。
(とはいえ、ここは素直に喜んでおきますか!)
さて、本日の地雷はマツダ(7261.東1)でしょうか…
1000億円規模の公募増資+700億円の劣後債発行
計画しているとの発表が複数の関係筋からなされ、
昼休みを挟んで暴落。
(※正式なIRが出て下げたわけではありません)
↓本日のマツダの5分足チャートです。
matuda.png
みごとに下げていますね…
終値は145円と、前日比約10%(-9.94%)の下落でした。
ただ、下がることは下がりましたが、1000億円規模の増資となると
希薄化率は実に3割ほどになる計算です。
それにプラスして700億もの劣後債の発行という事ですから、
情報の出所がやや不明瞭だったことを差し引いたとしても
相当の悪材料と言えそうです。それを考えると個人的には
『よくこの程度の下げでおさまったなあ』という感想が強いです。
(PO投資をしている方なら実感していると思いますが)
2009年~2011年前半までは、公募増資を発表した銘柄
(あるいは噂された銘柄)はとにかく物凄い勢いで
とんでもない安値まで売り込まれることが多かったですが、
最近は公募増資が発表されてもそこまで極端に
売りこまれることは減少してきている感があります。
考えられる要因としては、
市況が良くなってきて増資が以前ほど投資家にとって
ネガティブにとらえられなくなってきたことと、
そして空売り規制が施行された事でしょうか。
ともあれ、明日以降はこの株にも注目してみたいと思います!
 
 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。